1. HOME
  2. ブログ
  3. 美人の湯

美人の湯

羽根沢温泉は、鮭川村南西部の山間に位置し、大正8年に石油の試掘を行った際に温泉が湧きだしました。 県内では数少ない間欠泉で、pH8.4の弱アルカリ性。これは、日本三大美人の湯の一つである、島根県の湯の川温泉と同じ濃度で、その泉質は、皮膚病への効果はもちろん、肌をツルツルにしてくれることから、“美人の湯”と呼ばれています。 三軒の温泉旅館を有し、古くから湯治場として村の人々や湯治客に親しまれてきました。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

おすすめ記事

最新記事